院長ブログ | 福岡県小郡市・筑紫野市、佐賀県鳥栖市で心療内科・精神科をお探しなら希みが丘クリニックにご相談下さい。

希みが丘クリニック
ブログ
2017年11月26日 [心療内科・精神科]

うつ病治療も官民格差

 毎日うつ病患者の治療をしているわけですが、うつ病はマスコミで言われているような「心の風邪」のような軽症な病気ではないと思います。民間企業に勤めている方にとっては休職だけではすまず、結局退職を余儀なくされる場合も少なくないかと思います。

 

 一部精神科医療機関においては現状を考慮せず、「休め休め」のワンパターンの指導をしているところもありますが、民間企業の方が休んでばかりでは自分の席がなくなっている可能性があります。うつ病治療において休養が第一選択であると思いますが、民間企業勤務者、小さな子供がいる主婦、自営業者、会社経営者等は休むことができないのも現実かと思います。それでいかに仕事を休まず、治療と両立させるかを当院では大きなテーマとしています。

 
 
 しかし、公務員の方の中には、仕事を休むことに対して民間企業の勤労者とは全く異なり、不安感を持たない方も少なくありません。ごく軽症で休職する必要のないケースでありながら、初診時に数ヶ月休める診断書をいきなり求める人も珍しくありません。診断書を手にするとそれ以後受診しない人もいます。病院経営者としては公務員の方はとても良い患者さんなのですが、納税者としては納得いかないケースも少なくありません。うつ病治療においても官民格差が歴然として存在しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop